沖縄観光日和(ドライブ・お食事・マリンスポーツ)

banner

海外の中でも珍しいチャンプルー文化


豆腐は地域によって違う

和食が世界で注目されるようになり、海外でも美味しい和食が食べられるところも徐々に増えてきました。

日本人の繊細な食への意識から美味しい和食が創りだされてきました。

全国に美味しいものはたくさんありますから、一生の間に食べられるかと思うこともしばしばです。

食べ物はその地域で採れるものや地理的条件、気候など様々な要因から作られたものが多く地域色豊かなものばかりです。

特に本州と沖縄では食べ物がぜんぜん違うと驚かれる方も多いかと思います。

豆腐はその代表例といえる

豆腐

本州では柔らかいものから少し固いものまで様々ありますが水分が多く含まれておりパックに包まれています。

しかし沖縄豆腐はビニール袋の中に水を入れずそのままの形で売られています。

一時食品衛生法による販売規制がありましたが、今はつくりたてをそのまま食べることが出来ます。

水分が少なく、固めであることが特徴であり箸でつまんでも潰れることはありません。

それゆえ炒めもので使われ、ゴーヤチャンプルーの中にこれが入っていることを見たことがある人も多くいらっしゃることでしょう。

大豆の味が濃く感じられるため、普段からこちらを好んで食べているという人も多くいらっしゃいます。

綺麗な離島、久米島

久米島

観光地として大変人気のある沖縄県ですが、一口に沖縄といっても、いろんな観光スポットがありいくつか行きたいところを決めて行動しなければなりません。

独特な文化を持っているため、普段の生活では体験できないことがたくさんあるのです。

なんとなく行ってみたい、というのも素敵ですが、どうせだったらはっきり目的を持って旅行に行っちゃいましょう。

沖縄といえば海

マリンスポーツ

マリンスポーツを楽しむのもいいですが、日々の疲れをリゾート地で癒してみるのはいかがですか。

沖縄県にはたくさんの島がありますが、沖縄の中で5番目の大きさのある「久米島」というところをご存知でしょうか。

東北楽天ゴールデンイーグルスのキャンプ地もあるので、野球が好きな方は聞いたことがあるかもしれませんね。

この沖縄久米島ですが、多くのリゾートホテルや民宿があり、ゆっくりするには最適の場所です。

なにより「はての浜」と呼ばれる青い海と白い砂浜からなる無人島は有名な観光スポットで、サンゴ礁も見ることができます。

ただし、砂だけでできている無人島なので、日影になるものは一切ありませんから、日焼けが気になる方は個人で対策していかなくてはなりません。

それに沖縄の風俗嬢たちは、沖縄の海のイメージにぴったりなので、興味のある方はぜひ訪れてみてください。

沖縄の宮古島は離島

沖縄の南西部にあります。

宮古島諸島と呼ばれるところにある島なのですが位置としては沖縄と台湾のちょうど間で少しだけ沖縄に近い場所にあるのが特徴です。

宮古島そのものと周辺の伊良部島や下地島、池間島、来間島、大神島をすべてあわせて宮古島市としています。

宮古島

そしてこの宮古島市の中心が宮古島です。

島の形、それは何か動物が羽を羽ばたかせているように見える、そんな形の三角形です。

沖縄県で4番目の大きさとなっています。

気候は熱帯雨林気候

一番寒い冬の時期でも平均気温が18度ですから暖かな気候です。

陸地面積の半数以上が耕された土地ですから、リゾートとして稼動している部分だけではありません。

沖縄諸島の中でハブが生息していない島でもありますが、その理由はわかっていません。

観光や農業、漁業、そして宮古島の雪塩などの特産物が人気の島です。

どのようにしてアクセスするのかといえば、宮古空港まで飛行機で行く方法と沖縄から船便で行く方法があります。

東京などの大都市からでしたら直行便も出ていますし、那覇経由で行くことも多いでしょう。

島尻マングローブ林が有名で宮古海中公園や雪塩工場が主な観光地です。

Copyright(c) 2014 沖縄観光日和(ドライブ・お食事・マリンスポーツ) All Rights Reserved.